TEL/FAX 027-265-1315
自然の恵みの農産物を心を込めて皆様にお届けします。
トップ > ヤバタファーム通信 > ヤバタファーム通信 > 9月群馬県放射性物質調査結果図
ヤバタファーム通信
9月群馬県放射性物質調査結果図
投稿日時: 2011-9-29 (1068 ヒット)

photo
写真は右クリックして『リンクを新しいウインドウで開く』を選択してご覧ください。文部科学省と群馬県が9月27日、航空機による放射性物質調査の結果を分布図にして公表しました。8月23日から9月8日にかけて、ヘリコプターに、米国エネルギー省の高感度放射線検出器を搭載し、地上150〜300メートルの上空から放射性物質が発するガンマ線を測定し、地上1メートルの空間放射線量と地表の放射性セシウム蓄積量を算出しました。空間放射線量が毎時0.5〜1マイクロシーベルトを測定したのは桐生・沼田・渋川・みどり・中之条・高山・川場・みなかみの市町村の一部地域。東毛、中毛の平野部は低かった。全域で、1平方メートルあたり30万ベクレル以下となり、県は「コメの作付けには問題ない」と説明している。(上毛新聞2011年《平成23年)9月28日水曜日)より