TEL/FAX 027-265-1315
自然の恵みの農産物を心を込めて皆様にお届けします。
ヤバタファーム通信
二月17,18日は群馬県庁で「かあちゃんの天下一品フェア」に
投稿日時: 2012-2-1 (1338 ヒット)

毎年寒い時期に開かれます群馬県の女性農業起業グループによる即売会「かあちゃんの天下一品フェア」に今年も出店します。つくりたてのあんピン餅も各種お持ちします。黒豚餃子も販売します。ぜひお越しください。


二月14,15日は銀座で売り出しです
投稿日時: 2012-2-1 (1093 ヒット)

銀座歌舞伎座(今工事中)のはすむかいに、群馬県の情報発信とイベントをやっている「ぐんまちゃんち」があります。毎週何かしらの群馬関係のイベントをやっていますが、今年もヤバタファーム参ります。14,15日両日、各種お餅と菱餅もって。ただし、今年は両日とも次男が売ります。もしかすると後継者になるかもしれない若干19歳の若者に会いに来てください!


「赤城の恵」前橋市農産物の認証受ける
投稿日時: 2012-1-31 (1136 ヒット)

このたび もち屋伝次平の「白切り餅」「絹の餅」「桑の餅」「しその餅」「玄米もち」の5種類が、前橋市優良農産物として「赤城の恵」認証を浮きえました。もち米、しそ、玄米100%ヤバタファームのものを使い、おいしく丁寧に安全に作られたしょいう品であることを認められたものです。


TPP問題について 社長コメント 上毛新聞
投稿日時: 2011-11-19 (1267 ヒット)

photoTPP問題について 矢端幹男社長が 上毛新聞にコメントを求められました。右クリックしてリンクを新しいウインドウで開くを選択してご覧ください。


線量計で 毎日測っています。
投稿日時: 2011-10-1 (1149 ヒット)

家の中、屋外、豚舎、畑、田んぼで 線量計を使って測っています。9月22日から現在に至る。数値は大体が0.1マイクロシーベルト、たまに0.2になることがあります。0.1が12時間、0.2が12時間として、一日平均3.6マイクロシーベルト/時×365=1300マイクロシーベルトまたは1.3ミリシーベルトとなります。これは7月11日にトップリーダー研修会で群馬県立県民健康化学大学放射線部長の河原田泰尋さんの資料によると、自然放射線被曝量:世界平均は2400マイクロシーベルト/年、日本の平均は1500マイクロシーベルト/年に照らし合わせても、決して高い数値ではありません。

(数学苦手なので、間違っていたら教えてください。)こういう検査や計算は専門家に任せるべきだといわれます。が、知りたい。自分で納得したい。
また、安全な放射線量というものはないそうです。原発事故以来、どこにいても、通常よりは被曝していると思われます。少なければ少ないほうがよいのでは。。稲は白米とそれ以外の部分のセシウム含有率は7:93だそうです。葉と茎に集積します。またもみでは、実よりも殻や糠に多く集まります。ですから、今年のおコメはできれば、白米で召し上がる方がよいのではないかと思われます。特に放射性物質の影響を受けやすいお子さんや、妊婦の方は。それ以外の方は、玄米で食べるメリットと、デメリットを御自分で判断なさってくださるのがよかろうかと思います。事故が起こってしまった以上、これからの日常の安全管理はできる部分では 自分で考えてやっていくべきかな、と思います。photo


(1) 2 3 4 ... 10 »